ウイスキー、時々和食

-CHIKURYA WHISKY-

【アメリカン】I.W.ハーパー12年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】I.W.ハーパー12年がどのようなウイスキーか理解できる

【2】各種飲み方での筆者個人的感想が分かる

 

 バブルを連想させるボトルに、超熟されたバーボンが詰められている『I.W.ハーパー12年』。他のバーボンと比較しても熟成期間が長い為、味に深みがあります。それでは本銘柄について見て、飲んでいきましょう。※残念ながら2022年中に製造中止

 

I.W.ハーパー12年について

 バーボンとしては最も熟成された銘柄の一つ。バーボンは新樽を使用し、且つ『チャー』と呼ばれる内側を焦がす事が義務付けられています。『チャー』が施されている事により、スコッチ等と比較して熟成が早く進みます。その為、一般的にバーボンを超熟させると、焦がした渋みや雑味がウイスキーに移り、あまり美味しくはならない傾向にあります。しかし、この『I.W.ハーパー12年』は違います!高度に温度管理がされており、『チャー』の渋みを抑えながら熟成の深みを出すことに成功している、プレミアムな銘柄です。特に、蒸留所があるケンタッキー州では寒暖差が激しく、それにより頻繁にウイスキーが呼吸をして、樽の味わいを吸収していく環境下での、この深い味わいには驚かされます。

新樽の内側を焦がす様子

引用元:CENTRO HISTORICO RON BARCELO (San Pedro de Macoris) - 2022 Qué saber antes de ir - Lo más comentado por la gente - Tripadvisor
 また、他のバーボンと比較して原料のトウモロコシの比率が高く、優しいトウモロコシの甘さを楽しめるのも本銘柄の魅力です。それだけに、製造中止は残念でなりません。

 本銘柄が特に活きる飲み方は、ロックかハイボールではないかと個人的には思います。ロックではトウモロコシの甘さがグっと全面に出てきますし、ハイボールだと爽やかな心地いいい甘味が口の中に広がります。

I.W.ハーパーの歴史について

引用元:I.W. Harper Bourbon – Dominici & Co Wholesale & Retail Dealers in Groceries, Hay & Grain – Richmond, VA | Fading Ad Blog HAS MOVED! (wordpress.com)

 I.W.ハーパーはドイツからアメリカに移民した、『アイザック・ウォルフ・バーンハイム』によって生み出されます。感の良い方でしたら、もうお気づきかもしれませんが、『I.W.ハーパー』の『I.W.』とは『アイザック・ウォルフ』の頭文字から付けられています。それでは、『ハーパー』とは何かというと、ハーパーはアイザックの親友の名前です。仲良しか!しかし、その様な名前の付け方をしてもかっこよく聞こえるのは英語のズルいとこですよね。私のイニシャルC.I.で親友がサトシくんなら、【C.I.サトシ】となりますがめっちゃダサい。

 元々は、ウイスキーの販売業者を弟と営んで生計を立てていましたが、後にウイスキー造りに参入して、1877年には『I.W.ハーパー』の原型となる商品を販売します。当時はまだまだ粗悪なバーボンウイスキーが大半を占めていた中、アイザックは品質にこだわり続けます。その成果として、1885年のニューオリンズ万国博覧会を始め、数多くの博覧会で5つの金賞を受賞し、『ゴールドメダル』と名付けられるようになります。以下リンクの『ゴールドメダル』という名前はここから来ています。

 

 しかし、こだわったのは品質だけではありません。ブランディングについてもしっかり確実に行い、不動の地位を確立していきます。1949年にギフトアイテムとしてクリスタルデキャンタボトルを発売し、その後毎年新しいボトルをリリースしブームを巻き起こしていきます。現在のアードベッグに似た戦略ではないかと思います。

 そしてその後、上記写真の『シルクハット紳士』を用いて洗練された都会的なイメージを確立し、品質にこだわった、洗練されたウイスキーといえば『I.W.ハーパー』と誰もが連想する状況を作り上げました。当然、イメージ負けしない実力が備わった銘柄です。そしてその後、バーボンで超熟は意味がないと言われている中、超熟の『I.W.ハーパー12年』を発売し、世の常識を覆します。まろやかで上品な甘さは多くの人を魅了し、親しまれてきました。

テイスティング

 ロックかハイボールが、最もハーパーの優しい甘さを楽しめるのではないかと思います。それ以外の飲み方も、すべて合格点です。

■ストレート

 バーボンらしい木の香りとキレの良さを感じます。ただ、アルコールの刺激はそれほど強くはなく、飲みやすいストレートです。最後に甘さがふわ~っと広がります。

 

■少量の加水

 少し、渋さとアルコールの刺激が強くなった感覚を持ちます。ストレートと大分印象が違います。

 

■トワイスアップ

 あまーい!これは子供でも飲めるんじゃないかなと思います。寝る前には一番いい飲み方かも。※お酒は成人になってから。

 

■ロック

 ストレートと比較して、より滑らかにそしてはっきりした甘さといった感じです。個人的には一番好きな飲み方です。本当に製造中止になってしまうんですかね..動揺が隠し切れません。

 

ハイボール

 ハーパーを使用したハイボールを『ハーパーハイボール』と言われています。つまり、特別な名前が付いている位、愛されている飲み方という事です。

 最初にバーボンらしい木の香りがぐっと口に広がった後、深く優しい甘さが来ます。そして少しの酸味と苦味。たまらんです。『I.W.ハーパー12年』でも『I.Wハーパーゴールドメダル』両方、同じ傾向の味わい(12年の方が深みがある)ですので是非試してみて下さい。

 

 以上、本日は『I.W.ハーパー12年』でした。製造中止は本当に悲しいですが、『ゴールドメダル』も上記テイスティング内容と同様の傾向の為、是非一度は試してみて下さい。※12年は値段が吊り上がっているので、あえてリンクは貼りませんが、購入できる機会があれば持ち帰っても損はないかなと思います。