ウイスキー、時々和食

-CHIKURYA WHISKY-

【スコッチ】アードベッグTENを飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】アードベッグTENがどのようなウイスキーか分かる。

アードベッグとはTEN

f:id:chikurya:20211230205101j:plain

【情報】

・スコッチウイスキー

シングルモルト

・非常にスモーキーその中にバニラの様な香り

・人によっては正露丸

 ボトルからして、強烈な個性を持っていそうな気配がムンムンしている、アードベッグ。ワンピースをご存じの方でしたら、悪魔の実を連想される方もいそうな佇まいです。

 アードベッグスコットランドの中でも、アイラ島で造られているシングルモルトウイスキーであり、『アイラの中のアイラ』と言われるほど、世界的な賞を多く受賞しています。

 特徴はなんと言っても、ピート香とスモーキーフレーバーであり、その奥にバニラの様な香りと甘さが口いっぱいに広がります。

 強烈なスモーキーさは、麦芽に炊き込むピートの割合が、他のウイスキーと比較して多いことによるものです。具体的には、ピートの割合はppm(フェノール値)で数値化されますが、アードベッグは約55~60ppmです。比較的アイラ・モルトの中では中間に位置するボウモアが約20~25ppmですので、その多さをご理解いただけるのではと思います。また、仕込み水もピートで茶色に染まったウーガダール湖の水を使用しています。

 ただ、スモーキーさがあるだけでなく、蒸留工程にも拘りがあり、蒸留に使用されるポットスチルは背の高い物を使用し、且つ香りに影響を与えると言われるピューリファイという精留器をアイラ島の蒸留所の中では唯一使用しており、バニラの様な香りを持つウイスキーとなっています。

f:id:chikurya:20211230213731j:plain

 引用元:https://www.whisky.com/whisky-database/distilleries/details/ardbeg.html

 また、冷却ろ過をしていない為、ウイスキー本来の味をより楽しめるのではないでしょうか。(ノンチルフィルタード)。

アードベッグ蒸留所について

f:id:chikurya:20211230214910j:plain

引用元:https://www.whisky.com/whisky-database/distilleries/details/ardbeg.html

 アードベッグ蒸留所は1815年に商業生産を開始しました。当初はその他のスコッチ同様、当初主流であったブレンデッドウイスキー用として製造されていました。

  アードベッグはその後幾度となく閉鎖の危機に見舞われ、1981年に一度生産停止まで追い込まれました。しかしその後1997年にグレンモーレンジィ社に買収れて、本格的に製造が再開され、2008年にアードベッグTENが発売されました。その後、色々なラインアップが追加されています。

 アードベッグTENはまさしく、復活の象徴的ウイスキーなのです。

 

アードベッグホームページ:世界が熱望するアイラモルト ARDBEG (ardbegjapan.com)

テイスティング

 私がアイラ・モルトウイスキーで始めて飲んだウイスキー。遡ること、大学生。¥5,000を握りしめ、買える一番高いうウイスキーを買ったときに出会った銘柄。当時は、ウイスキーというものは殆ど知らず、スコッチとは何ぞや、アイラなんて聞いたこともないという状況でした。ただ、買える一番高いウイスキーを買ったというだけでした。

 しかし、飲んでみてびっくり!どう味わってもおばあちゃん家で飲んだ『正露丸』の味しか当時の舌ではしなかった。しかし、同時にウイスキーをもっと知りたい!!と思った一杯であった。

 飲むと非常にスモーキーさ、ピート香、ヨード香、たばこ?香とスパイシーな味わいであるが、その後バニラのような余韻が残る。いろいろなウイスキーを飲んで、アードベッグに戻ってくると、その奥の深さに痛感させられる。

 それでは飲んでいきましょう。

■ストレートで飲む

 まずは、ストレートで飲んで、香りと味を楽しんでいいきます。

f:id:chikurya:20220113152802p:plain

 潮の香りというよりは、ピート香やたばこのような香りがぐっと来るように感じます。また、アードベッグはアルコール度数46度であり、アルコールのツンとした香りが鼻にぐっときます。

 テイストについては、ピート香が来た後に、磯のような香りが口に広がります。その後かすかに甘さが来ます。とはいえ、アルコール度数が高い為か、アルコールのツンとした味がその香りとテイストを抑え込んでいる感覚があります。

 

■少量の加水で飲む

f:id:chikurya:20220113153602p:plain

 あっ!アルコールの香が弱まり、磯の香りと甘さがより強くなりました。これこそ、島の味わいといった感じです。非常に飲みやすく、アードベッグの良さがより引き出された気がします。アルコールの存在感もあり、バランスが良いです。

■トワイスアップ

f:id:chikurya:20220113154308p:plain

 おー!!アルコールのアタックが非常にマイルドになり、甘さが非常に引き立ちました。また、優しい磯の香りと味が口一杯に広がります。ピート香も柔らかくなり、飲みやすいです。心地よい甘さ!

ハイボールで飲む

f:id:chikurya:20220113154916p:plain

 ん!クリアで飲みやすい!優しい磯とピート香があります。これだと和食と組み合わせても和食の繊細さと喧嘩しなさそうです。ストレートやトワイスアップとは全く違う印象を受けて、これはこれでよいです。癖が少なく食中向きです。

 

■ロックで飲む

f:id:chikurya:20220113155651p:plain

 ヨードやピート香が強くなった気がします。飲むとぐっとアルコールの味の中に、磯の味を強く感じます。一方、甘さは殆ど感じなくなりました。キリットしたいときにお勧めですね。明日、結婚の挨拶がある、や大事なプレゼンがある!とったときでしょうか。

 

 色々な飲み方を試してみました。ストレートはどちらかというと、アイラ系が大好きな方向け、トワイスアップはこれからアイラ系ウイスキーを試してみたい方の入り口といった感じな気がします。

 以上、ありがとうございました。いや~酔った。