ウイスキー、時々和食

-CHIKURYA WHISKY-

スコッチ

【スコッチ】ラフロイグ10年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】ラフロイグ10年がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる 一度、本銘柄の虜になると、手放せなくなる『ラフロイグ10年』。ラフロイグは『アイラの王様(王者)』と呼ばれることもあり、英国御用達(ワラント)を取得してい…

【スコッチ】ザ・グレンリベット12年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】ザ・グレンリベット12年がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる 世界第1位のシングルモルト販売数量を誇る『ザ・グレンリベット』。流石世界1位というべき銘柄で、バランスが良く、香りテイスト共に全て楽しめます。…

【スコッチ】アードベッグ ウィー・ビースティー5年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】アードベッグ ウィー・ビースティー5年がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる 世界中に熱狂的なファンを持つ『アードベッグ』。本シリーズの銘柄はどれも個性豊かで特徴的ですが、本銘柄も負けない魅力と個性を持っ…

【スコッチ】カティーサークプロヒビションを飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】カティーサークプロヒビションがどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる ブレンデッドでありながらシングルモルトのような奥深さがを持ち合わせている『カティーサークプロヒビション』。本日は、コスパに優れた本銘柄…

【スコッチ】シーバスリーガルミズナラ12年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】シーバスリーガルミズナラ12年がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる 主に日本を中心に生息しているミズナラ(オオナラ)の木で造られた樽で熟成された、『シーバスリーガルミズナラ12年』。なんと、日本向けに造られ…

【スコッチ】ジュラ(JURA)12年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】ジュラ(JURA)12年がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる 島民わずか150人強の島で造られているウイスキー、『ジュラ(JURA)12年』。ジュラ島はアイラ島と目と鼻の先の距離に位置し、アイラモルトとは差別化を図る為に…

【スコッチ】ブナハーブン12年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】ブナハーブン12年がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる アイラモルトの中で異色の存在である『ブナハーブン12年』。アイラモルトに多いピート感を殆ど感じない、優しい銘柄です。人によっては黒糖のような味わいと…

【スコッチ】アバフェルディ12年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】アバフェルディ12年がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる デュワーズの原酒確保の為に造られた、アバフェルディ蒸留所。本蒸留所で製造する『アバフェルディ12年』は昔ながらの製法を継承して製造しており、上品で…

【スコッチ】キルホーマン・マキヤーベイを飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】キルホーマン・マイキヤーベイがどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる アイラ島で最も新しい蒸留所で製造される『キルホーマン・マキヤーベイ』。蒸留所自体の規模は、他と比較するとまだ小さいですが、近年のアイラ…

【スコッチ】ラガヴーリン16年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】ラガヴーリン16年がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる ウイスキーを飲まれるのであれば、一度は飲んでその美味しさを体感して頂きたい銘柄『ラガヴーリン16年』。おそらく、初めて飲む方は衝撃とウイスキーの奥の…

【スコッチ】ラフロイグ セレクトカスクを飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】ラフロイグ セレクトカスクがどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる 英国王室御用達(ワラント)を授かっており、アイラらしく、その中でも十分な個性を発揮している『ラフロイグ』。別名『アイラの王』と呼ばれることも…

【スコッチ】バンフ蒸留所について(閉鎖蒸留所)

【1】バンフ蒸留所について理解できる かつては、英国議会に納入されていた銘酒を製造していた、『バンフ蒸留所』。どのような蒸留所であったのかについて本日は見ていきたいと思います。 バンフ蒸留所について 引用元:banff destilary - Bing images バン…

【スコッチ】グレンファークラス105を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】グレンファークラス105がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる アルコール度数は何と60%!!しかし、すごいのはアルコールの度数だけでなくシェリーの魅力が詰め込まれた『グレンファークラス105』。本日は、本銘柄を…

【飲み方】アードベックTENを造る-その①-

【1】安価にアードベッグTENを造ることを考察し、実践する。 アードベッグTENを安く手に入れる方法を考える 『アードベックTEN』が大好きですが、毎日浴びるように飲んだ場合、どうしてもコストに頭を悩まされる。私が飲みたい(浴びたい)ペースとコストの関…

【スコッチ】カティサークを飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】カティサークがどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる 淡い緑のボトルの中心に帆船のイラストが特徴的な『カティサーク』。ボトル内のウイスキーが透けて見えますが、無着色の為、初めて本銘柄を見られた方はこのボト…

【製造方法】ウイスキーのフレーバーを決める重要な要素であるピートについて

【1】ピートについて理解できる 【2】『モルティング(製麦)』でのピート乾燥の工程が理解できる 燻製の様なスモーキーさ(Smoky)、ヨードのような薬品香(Medicinal)が合わさった風味を『ピーティ(Peaty)』と良く表現されます。どのようにしてこれらのテイスト…

【スコッチ】グレンフィディック12年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】グレンフィディック12年がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方での筆者個人的感想が分かる 世界で最も飲まれているシングルモルトの一つである『グレンフィディック』。スペイサイドの代表銘柄であり、スペイサイドらしい華やかな香りと…

【スコッチ】ダルモア12年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】ダルモア12年がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方での筆者個人的感想が分かる ボトルに雄鹿が大きく描かれているダルモア。その佇まいからも、『おそらく銘酒だな』と感じさせます。そんなハイランドの銘酒『ダルモア12年』について見…

【スコッチ】ハイランド・モルトウイスキーの特徴と銘柄について

【1】ハイランド・モルトウイスキーの特徴が理解できる。 【2】ハイランド・モルトウイスキー銘柄の一例を知れる。 スコットランド北部を占める広大な地域であり、スコットランドのウイスキー文化の発祥の地だけあって、多種多様な銘柄が多いです。 それでは…

【スコッチ】キャンベルタウン・モルトウイスキーの特徴と銘柄について

【1】キャンベルタウン・モルトウイスキーの特徴が理解できる。 【2】キャンベルタウン・モルトウイスキー銘柄の一例を知れる。 かつては、小さな港町であるキャンベルタウンに30を超える蒸留所がありました。しかし現在では3か所のみ。なぜ、これほどまでに…

【スコッチ】アイランズ・モルトウイスキーの特徴と銘柄について

【1】アイランズ・モルトウイスキーの特徴が理解できる。 【2】アイランズ・モルトウイスキー銘柄の一例を知れる。 島のモルトウイスキーとして、アイラ同様個性的な蒸留所、銘柄が多いアイランズ・モルトウイスキー。どのような特徴があり、どのような銘柄…

【スコッチ】ローランド・モルトウイスキーの特徴と銘柄について

【1】ローランド・モルトウイスキーの特徴が理解できる。 【2】ローランド・モルトウイスキー銘柄の一例を知れる。 ローランドは都会であり、大自然や島で作られるウイスキーとは異なる特徴を持っています。それでは、どのような特徴があり、どのような銘柄…

【スコッチ】スぺイサイド・モルトウイスキーの特徴と銘柄について

【1】スペイサイド・モルトウイスキーの特徴が理解できる。 【2】スペイサイド・モルトウイスキー銘柄の一例を知れる。 スコッチの中でも最大の生産地である、スペイサイド。スコットランドの蒸留所の約半数がこの地に集結しています。それでは、どのような…

【スコッチ】アイラ・モルトウイスキーの特徴と銘柄について

【1】アイラ・モルトウイスキーの特徴が理解できる。 【2】アイラ・モルトウイスキー銘柄の一例を知れる。 スペイサイドと肩を並べるほど有名なスコッチの聖地。アイラ・モルトウイスキーは個性がありスペイサイドとは違う楽しみ方ができます。それでは、ど…

【スコッチ】スコッチの6大産地について

【1】スコッチの6大産地について理解できる 【2】6大産地の特徴の概要について理解できる 今回は世界5大ウイスキーの中でも最も有名な、スコッチの生産地について見ていきます。スコッチは大きく6大産地に区分する事ができ、各地域毎に特徴があります。 各…