ウイスキー、時々和食

-CHIKURYA WHISKY-

【アイリッシュ】カネマラ・オリジナルを飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】カネマラ・オリジナルがどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる アイリッシュでは唯一のピーティなシングルモルトである、『カネマラ』。フレッシュでスコッチとはまた違った魅了を兼ね備えています。本日は、『カネマ…

【スコッチ】ラガヴーリン16年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】ラガヴーリン16年がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方でのレビューが分かる ウイスキーを飲まれるのであれば、一度は飲んでその美味しさを体感して頂きたい銘柄『ラガヴーリン16年』。おそらく、初めて飲む方は衝撃とウイスキーの奥の…

【アイリッシュ】バスカーを飲む・特徴と各種飲み方・評価(レビュー)について

【1】バスカーがどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方での特徴・評価が分かる 本日は、アイリッシュで、2020年と比較的最近誕生した銘柄『バスカー』について見て飲んで、レビューしていきたいと思います。アイリッシュ全体の傾向の一つとして…

【アイリッシュ】ブラックブッシュを飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】ブラックブッシュがどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方での筆者個人的感想が分かる アイリッシュの中でも、勢いがあるブッシュミルズ蒸留所。本日は、素材にこだわり、アイリッシュブレンデッドの地位を現在進行形で作り続けている、ブ…

【スコッチ】ラフロイグ セレクトカスクを飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】ラフロイグ セレクトカスクがどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方での筆者個人的感想が分かる 英国王室御用達(ワラント)を授かっており、アイラらしく、その中でも十分な個性を発揮している『ラフロイグ』。別名『アイラの王』と呼ばれる…

【アメリカン】ジャック ダニエルOld N.o7を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】ジャック ダニエルOld No.7がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方での筆者個人的感想が分かる ジャック ダニエルはバーボンに分類されますが、『It is not bourbon. It is Jack』と言われております。つまりバーボンとは区別されて、テネ…

【スコッチ】バンフ蒸留所について(閉鎖蒸留所)

【1】バンフ蒸留所について理解できる かつては、英国議会に納入されていた銘酒を製造していた、『バンフ蒸留所』。どのような蒸留所であったのかについて本日は見ていきたいと思います。 バンフ蒸留所について 引用元:banff destilary - Bing images バン…

【スコッチ】グレンファークラス105を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】グレンファークラス105がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方での筆者個人的感想が分かる アルコール度数は何と60%!!しかし、すごいのはアルコールの度数だけでなくシェリーの魅力が詰め込まれた『グレンファークラス105』。本日は、本…

【アメリカン】I.W.ハーパー12年を飲む・特徴と各種飲み方・評価について

【1】I.W.ハーパー12年がどのようなウイスキーか理解できる 【2】各種飲み方での筆者個人的感想が分かる バブルを連想させるボトルに、超熟されたバーボンが詰められている『I.W.ハーパー12年』。他のバーボンと比較しても熟成期間が長い為、味に深みがあり…

【やってみたシリーズ】アードベックTENを造る-その①-

【1】安価にアードベッグTENを造ることを考察し、実践する。 アードベッグTENを安く手に入れる方法を考える 『アードベックTEN』が大好きですが、毎日浴びるように飲んだ場合、どうしてもコストに頭を悩まされる。私が飲みたい(浴びたい)ペースとコストの関…